極眠コラム
コラム October 27, 2018

あなたの美容常識は間違い!?睡眠中のお肌が回復するメカニズム

夜の10時から夜中の2時は「お肌のゴールデンタイム」なので、きちんと睡眠をとらないといけない。

これは、女性なら誰もがご存知の美容に関する常識ですが、実は、間違いなんです!

美容に重要なのは眠りについてから3時間の熟睡

80才を過ぎても、若々しいお肌を保っているタレントの黒柳徹子さん。

彼女がテレビで、夜10時から2時までにお肌は作られるので、必ず眠るようにしているとコメントしたことから、こうした習慣が美容の常識として定着したと言われています。

しかし、近年の皮膚科学の研究において、美容に重要なのは寝る時間ではなく、

「眠りについてから3時間の間、深い眠りにつくこと」

であることが分かったのです。

つまり、夜中の12時に眠っても、3時まで熟睡すればOKなんです!

この間にグッスリ眠れば、成長ホルモンの分泌が高まってお肌の新陳代謝が進み、古い角質がはがれてシミやシワ、くすみなどの改善が進みます。

深い睡眠を得るためのおススメ寝具

美容に効果的な深い睡眠を得るには、寝る前に心身をリラックスさせて、光や音などの刺激を最低限にする必要があります。

脳を覚醒させることもNGですので、ブルーライトが強く照射されるスマートフォンの操作や、熱いお湯に入る入浴などは避けてくださいね。

こうした生活習慣と同時に見直したいのが、寝具の機能です。

寝返りをうった後、形状が元に戻らないような寝具などを使っていたら、寝ている間に首や肩、背中や腰の筋肉に負荷がかかり、筋肉が緊張状態に陥って眠りが浅くなります。

体圧分散力や復元力が高いマットレスを使えば、こうした睡眠のお悩みは解消できますから、美容だけでなく健康のためにも、カラダに優しい寝具の使用を検討しましょう。

高価な美容液を使うより、お肌が喜びますよ!