極眠コラム
コラム January 10, 2019

朝の目覚めがビックリするぐらいよくなるグッズ!病気の予防にも効果的?

冬の睡眠は、熱帯夜が続く夏に比べるとかなり快適になるのですが、この時期特有の問題も発生します。 それは、いびきをかきやすくなること。 そこで今回は、睡眠のリズムを守るのに役立つ、おすすめの快眠サポートグッズを3つ紹介します。 今まで、朝はダルいと感じていた方も、驚くほど爽やかな目覚めが得られますよ。

鼻がつまるといびきをかきやすくなる

冬になると、夜は寝室の空気が冷えてしまうため、鼻から吸い込むと粘膜に炎症が発生し、吸い込んだ空気が体内に入り込みにくくなります。 この状態で起こるのが、鼻づまりです。 リビングは温かくても、寝室は寒いというケースが多いですから、こうした寒暖差も鼻詰まりの原因となります。 この鼻づまりが寝ている間も続くと呼吸が苦しくなるので、楽な呼吸ができる口呼吸をするようになるのですが、これがいびきを引き起こすのです。 いびきをかくようになると、体内が酸素不足の状態になるため、深い眠りが得られなくなり、夜中に目が何度も覚めるようになります。 こうした質の睡眠が続くと、疲労とストレスが翌日まで持ち越されてしまい、朝起きた時のダルさを発生させてしまうというワケなんです。

口呼吸を防ぐ3つの快眠グッズ

口呼吸が引き起こすのは、いびきだけではありません。 口から呼吸をすると、空気中の雑菌やウイルスなどを吸い込んでしまうため、体の免疫力が低下して、さまざまな病気を引き起こします。 これが鼻呼吸だと、鼻の粘膜や鼻毛がフィルターの代わりとなり、カラダにダメージを与える物質の侵入を阻止できるんです。 睡眠中は無意識になるため、危険な口呼吸を防ぐことができませんから、いびき防止グッズを使って、快眠と健康を守るようにしましょう!   ・おススメ快眠グッズ①:鼻腔ストレッチャー 鼻の両穴に挿しこんで、空気の通りを改善するグッズです。 デリケートな鼻の粘膜に優しいシリコン製のものが多く、繰り返し使えるのが大きなメリット。 ただし、異物感を覚えて寝つきが悪くなることもあります。 その場合は、②番か③番のグッズを試してみましょう。 ・おススメ快眠グッズ②:鼻腔拡張テープ 鼻腔ストレッチャーほど鼻の通りは良くなりませんが、鼻の上に貼って使う拡張テープでしたら、粘着感が気になることもなく、朝までグッスリ眠れますよ。   ・おススメ快眠グッズ③:マウステープ 唇に貼るタイプのテープを使えば、口呼吸をしっかり防ぐことができます。 鼻腔拡張テープより、粘着感が気になることが多いので、唇に触れる部分に粘着剤を使っていない商品を選ぶといいですよ。   以上、3つのアイテムを紹介しましたが、違和感がなかったら、鼻腔拡張ストレッチャーとマウステープ、もしくは、鼻腔拡張テープとマウステープを組み合わせて使うと、寒い冬も健康的な呼吸がキープしてください。