極眠コラム
コラム February 18, 2019

【高反発マットレスと相性がよい快眠枕】あずきとたわし素材が人気?

カラダの重さを適切に分散して、独自の反発力で寝返りもサポートしてくれる高反発マットレス。 深い眠りが得られるうえに、腰痛や背中の痛みも軽減されるとあって人気が高まっていますが、頭を支える枕の機能が低下していたら、寝心地は半減してしまいます。 そこで今回は、春シーズンから使ってみたい、注目素材が使われた枕を2つ紹介します。

頭部の熱を吸収してくれる「小豆枕」

食用に使う小豆には、熱を吸収する高い機能を持っているので、この特徴を生かした枕が売れています。 わたしたちは眠りにつくときに、脳をしっかり休めるために頭部の温度を下げるのですが、低反発ウレタン素材のように沈み込むような枕だと、熱がこもってしまうことがあるんですね。 その点、熱を吸収してくれる小豆枕は、1年中快適な睡眠環境を提供してくれる上に、小豆の量を調整することで枕の高さも調整できるというメリットがあります。 また、お手入れが楽だという点も魅力の1つ。 天日干しができるのはもちろんのこと、小豆にこもった湿気は電子レンジでも放湿できますから、常に衛生状態を保てるんです。 頭を動かすと小豆が擦れる音が発生しますが、慣れると癒しのサウンドと感じる方も多いようですよ。

チクチクが癖になる「たわし枕」

テレビでも紹介されることが多いので、みなさんもご存知かもしれませんが、硬くてチクチクする「たわし」を使った枕も、かなり人気を集めています。 頭を乗せるとたわしの強い刺激に違和感を覚えるのですが、これが頭皮マッサージとなるので、次第に心地よくなってきて、頭皮マッサージを受けながら“寝落ち”するような快感が得られるんです。 しかも、たわし繊維はバツグンの通気性があるため、小豆枕のように頭部をクールダウンすることも可能。 さらに、シャワーで水洗いできるという、今までの枕にはない機能もありますので、忙しくてこまめに寝具のケアができない方にもピッタリです。 体圧を分散するだけでなく、深い睡眠に入るためのカラダのはたらきをもサポートする寝具を使えば、眠りの質はどんどん高くなります。 寝具は人生の3分の1を共にするパートナーですから、機能性には徹底的にこだわってくださいね。 今使っている寝具の機能低下を感じたら、すぐに買い替えることをおすすめします。 健康と美容は、質の高い睡眠が礎になっているということをお忘れなく!