極眠コラム
コラム April 15, 2019

【睡眠の非常識】寝つきが悪い方がやってはいけない寝る前の運動とは?

世界各国で、睡眠と健康に関する研究が進み、睡眠不足のリスクや病気との因果関係が次 々と明らかになってきました。 しかし、未知の分野も多く、ネットには間違った情報が拡散されていることも。 今回はその中でも、「寝る前の運動」について分かりやすく解説していきます。

運動習慣は快眠に不可欠だけれど・・・

1日3食しっかり食べて、適度な運動もする。 これは、健康維持にはもちろんのこと、快眠にも不可欠な健康習慣です。 1日の運動量が少なければ、ストレス発散がうまくいかず、寝つきが悪くなりますし、眠 りについてあらわれる一番深い睡眠(徐波睡眠)が得にくいことも分かっています。 しかし、やみくもに運動すればいいというものでもありません。 カラダを激しく動かすと、心身を興奮状態に導く交感神経が活性化して、寝る前にはたら くべき副交感神経が優位にならないこともあるんです。 睡眠に関する悩みがなく、普段から夜の運動が習慣になっている方でしたら、さほど気に する必要はありません。 でも、不眠症状が出ている方は、夕食が終わった後の散歩程度で留めておいたほうが、快 眠につながるでしょう。

運動をするのにベストな時間は?

では、快眠につながる運動は、何時ぐらいにすればいいのでしょうか? その答えは、午後4時前後。 この時間帯は1日で一番体温が上がり、代謝効率も高くなることから、ダイエットや生活習 慣病にも役立つんです。 もし、寝る前に少しカラダを動かしたいと思ったら、軽いストレッチをしてみましょう。 思いっきり背伸びをして、つま先立ちで全身を伸ばして5秒ぐらい停止した後、力を抜い て脱力したような動きを5回ぐらい繰り返すと、副交感神経もはたらきやすくなって一石 二鳥ですよ。