極眠コラム
コラム November 11, 2018

【心地よく入眠&朝までグッスリ】秋の夜長に飲みたいおすすめハーブ

みなさんは毎晩寝る前に、どのようなリラックスタイムを過ごしていますか?

本を読む、テレビを見る、ヒーリングミュージックを聴くなど、疲れを癒す方法はさまざまですが、夜になってもイライラや焦りなどが続いていて、寝つきが悪くなっている方は、ハーブティーを飲んでみましょう。

自律神経の乱れを整えて快眠に誘うカモミール

人間の生命活動をコントロールする自律神経は、夕方ぐらいから心身をリラックスさせる副交感神経が優位になります。

しかし、ストレスがたまり過ぎていると脳の興奮状態が続き、呼吸数や血圧を上昇させたり、気分を高揚させたりする交感神経が優位になってしまうのです。

その結果、布団に入って眠りにつくまで1時かに場かかるなんてことも。

そんな方に取り入れて欲しいのは、寝る前に温かいカモミール茶を飲む習慣です。

カモミールは鎮静効果が非常に高いハーブで、リラックスのために飲むことを勧める医師もいるぐらい、医学的にも注目されています。

リンゴのようなやさしい甘い香りが特徴で、味にまったくクセがないため誰でも飲めますし、睡眠の妨げになるカフェインも入っていないのです。

女性にうれしい美容効果も!

カモミールには、肌のコラーゲンを編成させる物質の生成を抑える働きもありますので、毎日飲むようにすれば、肌のハリが回復してきて、年齢と共に増えるくすみが解消するという効果も期待できるのです。

寝つきがよくなって深い眠りが得られれば、肌細胞の生まれ変わりも活発になりますし、日中に受けた肌のダメージも回復が進みます。

安眠と美容のためにも、今日から寝る前に温かいカモミールを飲んでみませんか?

香りで癒されるうえに、カラダは芯からポカポカになりますから、ストレス解消が進んでグッスリ眠れるようになりますよ。