コラム February 22, 2021

睡眠不足が原因で唾液の分泌量が減少!口臭や免疫力の低下を招く?

わたしたちの口の中で分泌される唾液は、健康を守るための重要なはたらきがあります。
しかし、睡眠不足が続くとその分泌量が減り、カラダにさまざまな不調が発生します。
起床時に口の中が渇いている方は、とくに注意が必要ですよ!

唾液が減ると口内環境が悪化

食事や呼吸、会話など、わたしたちは1日に何回も口を開けますが、その時に雑菌やウイルスが侵入することがあります。
こうしたカラダに害を与える存在から守るのが、唾液の役目です。
唾液には「免疫グロブリンA」という抗体が含まれていて、雑菌やウイルスを攻撃します。

また、歯や舌に食べかすなどが付着することも雑菌の繁殖につながりますが、こうしたトラブルも防いでくれるのも唾液なんです。
したがって、唾液が減ると免疫力が低下する、口臭が発生するなど、健康リスクがどんどん低下していきます。

「最近、風邪をひきやすくなった」
「口臭があると指摘された」
とお悩みの方は、口中の渇きをチェックしてみましょう。

唾液の分泌量を増やすには?

唾液の主成分は血液で、眠っている間にその生成量は高まります。
つまり、慢性的な睡眠不足に陥っていたり、夜中に何度も目が覚めたりするような夜が続いていると、唾液の量が減って免疫力はどんどん低下していくのです。
コロナウイルスの終息が見えず、新種のウイルスも発見されている今、あらためて唾液の分泌量が減っていないか確認することは、健康維持のためにとても重要なことといえるでしょう。

唾液の分泌量を増やすには、睡眠不足を避けることが必須であることは言うまでもありません。
ほかにも“噛む”という行為でも唾液は分泌されますから、食事の時は意識して噛む回数を増やしてください。
日中は、ガムを噛むようにするのもおススメです。

このような対策を習慣にしつつ、口内環境を定期的に確認するためにも、歯科を受診して唾液の検査を受ければ、安心感が増しますよ!
(監修:精神科医・内科医 豊田早苗医師)