極眠コラム
コラム December 20, 2018

知っているようで知らないシーツの正しい洗濯方法!柔軟剤選びも重要?

マットレスなどの敷き寝具を汚れから守り、肌の摩擦による擦れも軽減してくれるシーツ。 みなさんは、どのように洗濯していますか? もし、衣服などと一緒に洗っているようでしたら、生地がゴワゴワになって機能が低下しているかも?

シーツは週に1回洗うのが基本

寝具の寝心地をアップさせるシーツには、マットレスなどの傷みを保護するだけでなく、汗を吸い込んだり、汚れの浸み込みを防いだりする役割があります。 見た目はキレイでも、生地の間には皮脂などの汚れもたまっていますから、こまめに洗濯をしなければ、汚れがどんどんたまっていくのです。 ですから、週に1回のペースで洗濯するようにしましょう。   ここで注意したいのが、洗濯機にシーツを入れる時に、生地を裏返すということ。 表面が他の洗濯物とこすれると生地が傷みますので、裏返した後に洗濯ネットに入れるのがベストです。   また、脱水時にも生地に大きな圧力が加わります。 寝心地をキープさせるためにも、脱水時間は1分を目安にして、他の洗濯物と分けて行なうようといいですよ。

柔軟剤選びと干す時のポイント

洗濯時に柔軟剤を使っている方は、その品質を確認することもお忘れなく。 100円ショップなどで売られている商品などは、低品質で生地を傷めやすいですから、なるべく天然素材が使われている柔軟剤を使うようにするのもポイントです。 最後にもう1つ、シーツを干すときは直射日光に当てないことも覚えておいてください。 太陽光に含まれている紫外線も、シーツにダメージを与えて寿命を縮めますので、しわを伸ばしながら陰干しにしましょう。 ちょっと面倒な作業ですが、こうしたひと手間で睡眠環境が向上し、マットレスの保護機能もキープできますから、みなさんも実践してみてください。