極眠コラム
コラム February 07, 2019

【激安マットレスに多い化学臭の危険】快眠だけでなく健康にも影響?

新生活があと2か月で始まるという方も多いこの季節、新しい寝具を購入する予定がある方も多いことでしょう。 しかし、安い値段につられて安全性が低い寝具を購入すると、睡眠の質が下がるだけでなく、さまざまな健康リスクが高まることがあります。 とくに注意したいのは、強烈なニオイを放つ化学臭の存在です。

発がん性も高まるホルムアルデヒド

わたしたちの生活は、さまざまな化学物質に囲まれています。 車の排気ガスや工場の煙などはその最たるものですが、自宅にもたくさんの有害物質が潜んでいるんです。 とくに注意したいのが、「ホルムアルデヒド」という物質。 家具や家の壁などにも含まれていることがあり、アレルギー反応などを引き起こす「シックハウス症候群」の要因として知られていますね。 このホルムアルデヒドは、寝具からも発生します。 微量であれば、身体への影響は心配する必要がないのですが、その放出量が多くなると目や喉などの粘膜がかゆくなったり、ぜんそくや気管支炎を引き起こしたりすることも。 また、ホルムアルデヒドには発がん性があることも認められていますので、このような化学物質は徹底的に警戒すべきなんです。

マットレス購入時に注意すべきポイント

すべての商品に当てはまることではありませんが、激安マットレスには多量のホルムアルデヒドが放出されるものが多いです。 ネットでお手頃価格のマットレスを見つけて注文してみたものの、家に届いて開封したら、強烈な化学臭がひどい・・・。 こんな憂き目に遭わないためにも、マットレスを購入する時は、厚生労働省が定めるホルムアルデヒドの基準値を下回る商品を選ぶようにしてくださいね。 赤ちゃんや小さいお子さんが使うマットレスでしたら、ホルムアルデヒドの計測値が限界値以下になっていることを重視しましょう。 大人より子供のほうが、化学物質の影響を大きく受けますから。