極眠コラム
コラム October 17, 2018

日中の強い眠気は脳のSOS!寝具の改善で睡眠の質は向上する?

家事や仕事に追われた毎日を送っていると、どうしても睡眠時間を削ってしまいがちになりますよね。

しかし、日中に強い眠気はいつも発生する方は、知らず知らずのうちに健康リスクが高まっていて、深刻な不眠症に陥る可能性がありますよ!

睡眠は脳を休める大切な活動

わたしたちが毎日眠るのは、1日の活動でたまった疲労を回復し、ストレスをしっかり解消して、翌日の活動力を高めるためです。

体力も気力も充実している若いうちは、徹夜をしたり、睡眠時間が続いたりしてもガマンができますが、年齢を重ねると心身へのダメージが大きくなり、体は危険信号を出します。

その1つが、日中に発生する強い眠気。

睡眠が浅くて時間も短いと、脳は疲労が蓄積して危険な状態に陥っていると判断するため、眠気を発生させて睡眠による休息を促すのです。

眠気を抑える熟睡のポイントは寝具にもあり!

とは言っても、忙しい日々を送っていたら、日中に適度な睡眠をとるのはもちろんのこと、睡眠不足を解消するのも難しいでしょう。

そこで注目したいのが、心身の疲労回復が進み、深い眠りで脳もしっかり休めてくれる寝具の機能。

とくに、通気性が悪いと夜中に何度も目が覚めて睡眠の質が低下しますから、湿気がこもりにくい素材を使っている寝具の使用は、睡眠の質を向上するのに欠かせません。

寝ている間にかく汗を寝具内にこもらせず、常に最適な温度と湿度をキープしてくれる「ネットメッシュ」を採用しているマットレスは、寝苦しさが続くこの時期、とくにおすすめです。

昼間の眠気がなくなれば、家事や仕事も効率的に進められますから、今使っている寝具に満足していない方は、買い替えを検討してみましょう。