極眠コラム
コラム December 03, 2018

朝の目覚めで変わる!仕事や家事をパフォーマンスアップさせる方法

朝の目覚めがよくなるだけで、1日のパフォーマンスがアップします。

そのためにも、夜中に目が覚めることなく、朝までグッスリ眠れる生活習慣と寝具の使用を心がけましょう。

睡眠は疲労とストレス解消に不可欠な生命活動

どんなに疲れがたまっていて、ストレスフルな状態でも、ひと晩グッスリ眠れば心身がスッキリして、行動力や思考力が戻ってきますよね。

逆に、なかなか寝付けなかったり、夜中に目が覚める頻度が高くなったりすると、朝起きた瞬間から疲れを感じ、憂うつな気分で1日をスタートさせることになります。

熟睡するためのポイントはいくつもありますが、疲労やストレスを回復させるには深い眠りが必要なので、眠りを浅くする習慣を改めるのが先決です。

寝る前の運動や入浴は、脳を覚醒して寝つきを悪くしますから避けるのが鉄則。

飲酒は眠りを浅くし、体内でのアルコール分解が終わった時に目が覚めやすいので、寝る6時間前にアルコールの摂取は終了させてください。

寝る前に心身をリラックスさせると、深い眠りが得られて、翌日のパフォーマンスアップがかないますから、忙しい日々を送っている方も、短い時間でもいいですから、リラックスタイムを必ず作りましょう。

カラダが温まるお茶を飲む、アロマの香りで癒される、ヒーリング音楽を聴くなど、五感を刺激するといいですよ。

パフォーマンスアップにつながる寝具とは?

日々のパフォーマンスアップを実現し、生活の充実度をアップさせるには、通気性の高い寝具を使うことも不可欠。

寝ている間は、冬でも200mlぐらいの汗をかきますから、この水分をすぐに吸って空気中に放出する機能が高いマットレスを使うのが理想です。

もし、今使っている敷布団がへたった状態になっていたら、通気性はもちろんのこと、反発力が高いマットレスに買い替えてみてください。

心身の疲労回復が今まで以上に進み、4段階に分かれている深い睡眠の、一番深い眠りにたどり着きます。

カラダのキレがよくなって、頭の回転もよくなりますよ。